オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

留学をするうえで英語より大事なこと

【群盲象を評す】
先日ある方から学んだ言葉。「自分たちが当たり前じゃない世界を知る。」
グローバルキッズ育成をするのに英語という言葉よりも、大事な事だと思ってます。成長していく彼らが自分たちから世界をみるのではなく世界から自分たちをみられるように…

そんな狙いで始めた国内留学プログラムやカナダ留学。
こども達は、何を感じただろうか。今年、感じたことは「言葉の壁」よりも「食の壁」の方が高いという事。

言葉なんてどうにかなる。でも食べ物の壁はどーにもならない。今回カナダ留学でもトマトとキュウリしか食べてない。報告。

笑ってるけど、案の定体調崩して熱。国内留学では食べ物が合わず体が拒否反応を起こしリタイヤ。日本は多国籍ではないので、いろんな国の料理を口にすることが少ない。特にここ、加賀は田舎なのでもっと機会がない。
子どもたちは、食に対する知識や経験が非常に少ない。自分で料理をするわけでもないし、どんな味かなんて予想もできない。だから敢えて、たくさんの経験をさせる事が必要だと思う。いろんな食を経験するとおなかも少しづつ強くなる。
例えば、お出かけ先でインド料理、タイ料理、中華料理、韓国料理などなどレストランがあったら、「経験」として是非トライしてほしい。残す方が多いかもしれないけど、経験値は上がるはず。
私も経験ないことをする事は不安な気持ちになるけど、経験すれば、そのうち慣れるかな。と思ってる。
今日はEvan先生と韓国行って食べ物ツアーしたいね。なんて話してました。(自分たちがね。。。(笑))
私がカナダや国内留学で食したものをご紹介致します!
 
1) カナダ名物プーティーン
フライドポテトにグレービーソースとチーズ。メガマックス太る食べ物。

2) ベトナム料理 フォー
あの丸い物体は一体何か?食べても分からなかった。味はベトナム!といった味。笑

3) タイフード 大盛りチャーハン
んなにも食えるか!味は淡白雑な味。

4) サルサ&チップス  (ビール)
定番のスナック。チップスは味がないので、ディップやサルサつけて食べます。カナダビールは飲みやすい。

5) イライラMaxだったので、甘いものを!ということで、ワッフル。
パリパリワッフルとしっとりワッフルがあり、パリパリをオーダー。クリームが重い。。。

6) スタバでサラダ
サラダにリンゴ入ってるの無理だ。。。このブロッコリーは茹でてあった。通常はブロッコリーは茹でずに生で食してる国。

7) メープルスモークサーモン
見た目はかなりグロテスク。だいたい綺麗に陳列されてはいない国。味はかなり美味しい。

8) メキシカンフード
右上の黒い物体、豆のすりすぶしたの。意外と美味しかった。ブリトーの春巻きバージョン。パクチー無理だけど美味しかった。

9) ステーキ
見た目は良いが、塩っ辛くて驚きのステーキ。フレンチフライものせすぎ。謎の野菜が付き合わせによく出てくる。

10) ティムホートン
カフェラテは安定の味で安心。サラダのドレッシングが不思議な濃さ。Yoko先生のマフィンには中にグリーシーな油みたいなのがあり、こんなもん入れんだら美味しいのに。と呟いてた。 
 
 
 
 
 
 
11) ぺりぺりチキン
近くのチキン屋さん。レモンバター味。これは美味でビールによー合いました。だいたい年齢不詳でビール頼むと疑われる。

12) ステーキ
これは子どもたちと行ったKeg。王様ですね。ひじょーに美味しゅうございました。誰1人残してない。笑

11) 機内食
トマトソースのなんか。またビール写ってる。笑 ガーリックが聞いてました。

12) ジャークチキンサラダ
マンゴーがサラダに入ってました。チキンは美味しかったです。

13) チーズ&ハムとパン
ブルーチーズ食べたけどやっぱり苦手。パプリカピクルス美味しかった。チーズはあまり食べすぎるとお腹壊す。

14) 国内留学で食べた私の夜食
タコススパイスで作ったご飯。見た目はカラフルだけど、味はかなり美味しい。混ぜ混ぜしながら食べる。

15) チポーレ
メキシカンフードのチェーン店。激ウマです。毎日でも食べたいね。

16) レモンチキンとなんか
下に引かれている物体は謎。美味しかったですが、癖のある味。

17) タコベル
タコス大好きなので、真っ先に食べる。笑

18) ドラゴンフルーツ
Englishキャンプで差し入れにもらったフルーツ。酸っぱいけど甘い。タネがプチプチなジューシーな感じです。

19) ハマ寿司にて、ココナッツWater
グアムで飲んでまずかったので、私は1口のみ飲む。

以上食レポでした。
 
 
 
 
 
 
 
 

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト