オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

カナダに到着!Nextepの子ども旅行留学がここが違う!

子ども旅行留学始まりました!Nextep、日本初🇯🇵の旅行留学を作っちゃいました。


過去、
サマーキャンプに参加
語学学校に参加
旅行
ホームステイに参加
中学留学に参加
といろいろ経験してきましたが、どれも一長一短。自分の生徒をもう一度連れて行きたいか?と考えると「No」。

英語を習得するために海外経験ができるメリットは凄く多いので、欲張りな私は短期で充実した英語学習と旅行を兼ねたものがないのか?と探しましたが、あるわけもなく、作っちゃいました!w

実際に経験したからこそ、この旅行留学ができたと思う。情報だけ伝えるエージェントとはワケが違う。w

ちゃんと自分の足で現地に行って、体験して納得したものしか紹介しないのが私流のやり方。手間もお金も時間も正直、物凄くかかる。

だから一般的なエージェントはここまでしないんだろうけど、英語講師の私としてはどうしても、自分の大事な生徒さんを見知らぬ場所に、ホイホイ送り込むことはできない。

多くの人数を海外に送り出すのが講師の仕事ではなく、海外で生徒さんが安全にそして満足してしっかり英語学習できるるようにサポートするエージェント講師でありたいと思っています。

明日は9月の大人版旅行留学の語学学校の候補に上がっている学校に、生徒として体験してきます!2校行くので、レベル感や様子などまたシェアできればいいと思います。

子供達、到着初日は、ホテルにチェックインするまでの時間がかなりあったので予定変更でミッションを突然開始する事になりました。ほぼ徹夜状態でw

ミッションは

自分たちで人に聞いて、グランビルアイランドに行くこと


戸惑う事なく、ホテルの受付の人に聞いて、スタスタ歩いて行ってしまいました。大人は歳のせいか歩くスピードが遅く、50m位置いてきぼりでしたw

可愛げがないくらい、簡単にグランビルアイランドに到着。w
グランビルアイランドでも子供達と講師は別行動。自分達で好きなランチを好きな場所で食べてきていました。頼もしいですね。

ホテルに戻り、シャワーを浴びたり昼寝したり、自由に時間を過ごし、夜はみんなでディナータイム。

ディナーって言っても「ワンタン麺」だけど。英語に問題はないけど、食べ物に慣れなくて自家中毒になる子供がいます。3回経験済みw

ホテルにすぐにチェックインできず、強行でミッションをこなしたり、そんな疲れている今日は、海外FOODを食べさせるワケにはいかないので、ワンタン麺様にお世話になりました。とにかく食べ慣れたものを食べておく。


こういった健康や精神面の状態を管理するのもNextepの留学が親御さんから選ばれるポイントだと思います。とにかく良い状態で英語を学んで欲しい。

今日のメニュー

  • ワンタン麺
  • ベーコン
  • スクランブルエッグ
  • アメリカンチェリー


超簡単なものでしたが、美味しかったです。まさかのスクランブルエッグを作った本人の私に「先生食べますか?」と差し出してきたのは、これ。嫌がらせだろw

食べた後はみんなでお片づけして、英語レッスン。運動も忘れず



 
夜はようこ先生と2人でスーパーに食料を調達しに行ってきました。今日は野菜がなかったので、野菜や肉などを買いに行きました。大荷物w
そうそう!時間あるとき、おもしろ野菜のクイズをしたいと思いますので、みなさん少々お待ちを!
地元のスーパーで食料を買うのも旅行ではなかなかしないし、ホームステイではできない。ホームステイは良くも悪くも、あちらのホストが全て主導権なので当たりハズレがある。当たる確率は最近は少ないように感じる今日この頃。短期間しかいないのに、ハズレだったらたまったもんじゃない。
食べたいものを食べられるだけでも、ストレスが減って、少しても良い環境で英語が学べる。
ホテルだと日本語を話してしまうリスクがあるけど、ホームステイでもホストと話さなければ同じ。ホストが忙しくて家にいないことも多いので、ストレス軽減を考えるとホテルが一番。ホストファミリーは信用できるところが良いので、弊社は国内留学のみ。


 
ステイしているホテルはStudentsホテルでもあり、長く滞在している方が多いです。
夜はキッチンでAndyという長く滞在してるカナディアンの女性といろんなお話をしました。大抵言われるのが、「あなた達、英語上手ね。そんな日本人と初めて会ったわ。」語学学校の学生と思われるので、英語は褒められる。
いろんな人と英語を通して仲良くなるのもこの旅行留学の楽しみの1つです。
今週はバンクーバーは天気もいいそうなので、思いっきり楽しみたいと思います。

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト