オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

【プラスワン英語法】2018年最後に嘆く、私の最大の悩み

インターネットの情報って本当?嘘?。ネットに書いてあることを全て鵜呑みにするのは危険な時代で、自分で見極める力が視聴者には必要になるんですが、見極め基準が難しいですよね。
いろんな商品例えば、ダイエットに関する商品なんかは私は知識がないから正直わからないから確かに見極めが非常に難しい。きっと皆さんにとっても語学のプロじゃないから見極めが難しいと思います。少しでもヒントになればと思います。

語学に関しての私の見極め方法

これはあくまでも語学知識のある私の見極め方ですが、
[aside type=”warning”]「ペラペラになる」[/aside]
という表現をしているところは、私は切り捨てるようにしています。
そもそも「ペラペラ」になるの定義が人それぞれなので曖昧すぎると思いませんか?
・綺麗な発音で暗記した文章を読めるのがペラペラ?
・英検1級、TOEIC高得点をとれたらペラペラ?
・ネイティブのように?
このように、ペラペラの定義は曖昧なので、こういう表現のところで受講しようと思った時は、必ず「ペラペラの定義」を聞いてください。
それがもし、「自分の意見を相手に伝えられる。」「外国人と意思疎通ができる」という返答なら次にプログラム内容と比べてください。もしプログラム内容がフレーズ暗記型のものでしたら、ペラペラの定義とチグハグなので結果は出にくいです。このペラペラという定義は英語力だけではなく、コミュニケーション力及び、英語の使い方を学ばないといけません。
「ペラペラになる」って確かに集客できそうなフレーズですが英語ビジネスの人は好きだけど、英語教育者なら多分この言葉は嫌いだと思う。
もう1つの表現が
[aside type=”warning”]ネイティブのように[/aside]
これいる?(笑)確かに憧れるかもしれないけど、バイリンガルじゃない限り非常に難しいと思う。数%の数字の中に自分が入れると思う?私は無理だ。それにまず、私は英語教育で一番大事なのは、そこじゃないと思う。
「英語がネイティブのように上手くないから自信が持てない。」
英語が話せても、その英語を使う本人に魅力がないと意味がないんです。英語なんて「飾り」で、英語を話す、その本人が大事。
英語がネイティブ並じゃなくても、他の面でそれをカバーする力をつければいいだけだと思う。自分の魅力って英語だけじゃないと思う。そういうところに気づけたら、自分に自信が持てるから、英語は伸びるのです。
英語上達している方の共通点は「自分のこういうところは好き」って言える人、「自分の全部じゃなくても、ある部分に自信がある」人。
そもそも、それを気づかせて、指導するのが英語教育の1つであるので、「ネイティブのように」って確かに集客できそうなフレーズですが、英語ビジネスの人は好きだけど、英語教育者なら多分この言葉は嫌いだと思う。

2018年最大の私の悩み

英語教育は、教育とビジネスがある。よく「教育」というと利益出すのが悪い。みたいな風習があるが、それは違う。
 
[aside type=”normal”]
教育は「生徒の利益を優先する」(生徒の結果を最優先に考える)→ それが会社の利益になる
ビジネスは「会社の利益を優先する」(生徒の集客数を最優先に考える)→ 生徒の利益を考える
[/aside]
 
両方利益は出さないといけないが、プライオリティーが違うだけ。
例えば、教育心が強すぎて、利益を無視して、生徒のためを思って突っ走って講師が疲れて潰れる、でも生徒の満足度は高いから、講師としての名が生きる。ビジネス心が強すぎれば、質は悪くなるし満足度が低くなり、返金や悪評がついてビジネスがしにくくなり潰れる。講師としての名が死ぬ、ただ集客できれば、利益が上がるのでより生徒さんが使いやすいシステムが直ぐにできたりする。別にどっちも正しいし、どっちもメリットもデメリットもある。
英語ビジネスをやっているところは集客が大事なので、集客のために「Before After」って簡単に作り上げることができるし、お客様の声だって作り上げることができる。実際に、「無料体験して前向きで、他の商品と比較するような感想」って1本500円〜とかっていう仕事もありますし。それがビジネス戦略ですし、しっかりしてると思います。、英語には2つの方向があるんだな。と思えばあとは好きな方を選べばいいだけ。
でも受講する側はきっとそんな分析をしたことがないと思うから
だからこそ、悩みなんです。私は「英語教育」をやりたくて、うちのスタッフも全員同じ気持ちです。だから一切「サクラ」「やらせ」「嘘」はナシで、生徒さんの感想や成果を載せているんですが、「すご過ぎてヤラセにみえる」らしい。一度、「サクラじゃなくて本物の生徒出せ。」なんてコメントがあった事もありました。「英語ビジネス」ではないんです。
「ヤラセじゃないんだけど」悩む反面、それくらい生徒さんの成長と感想をみていると我が生徒を誇りにも思うし、嬉しくもある。でも疑われ続けるのも悲しい。。。どうすっぺか? これが最大の私の悩みであ〜る。

生徒様の感想

今までただひたすら単語を暗記しただけだったので、たくさん単語を知っているはずなのに実際会話してみると全く出てきませんでした。スピーキングが苦手な私でしたが、60日間アウトプットを続けているうちにだんだん話すことが楽しくなってきて、そのうちポップアップでもポンポンと言いたいことが出てくるようになってきました。今まで、英語話せるようになりたい!と勉強を始めるも一週間程度で挫折を繰り返し、自分は飽きやすくて継続する力がないからダメだ…と諦めていました。でも偶然Youtubeでプラスワン英語法に出会って、無料お試しの内容に納得できたので「これが英語への最後の投資!」という気持ちで入会しました。60日間あっさり続けられた自分に一番驚いてます。また、この60日間はちぐさ先生のレッスン動画を見てトレーニングする以外、本当に何もしていませんでした。単語帳すら開いていません。それでもこんなに成長できたというのがさらに驚きです!私も、いつか自分が誰かへ英語を教える立場になりたいと思っています。その目標に向かってこれからもトレーニングを続けていきたいと思います!


 
率直に言うと、良かったです。ここ数年様々な英語トレーニングを行なってきましたが、どれも上手く行きませんでした。英語の単語を単語(文字の羅列)としてしか認識していなかった、いわば単語が死んでいる状態でした。これを生き返らせるには、実践的な場面を想定した会話トレーニングが必要と判断したのですが、それはビジネスに偏るため、英会話のハードルを上げることに涙。そんな中、このトレーニングに出会いました。これはかなり基礎からのトレーニングになるとのことでしたので、俺の英会話、ここが大勝負!と意気込んで始めました。始まるや否や、レッスン1ですでに英語が口から出てこないのでものすごく不安に汗。しかし、レッスンをこなしていくと、徐々に口から自然と英語が出るようになりました。ブレイクスルーとなったのは、会話している情景をイメージするよう動画で何回も指摘され、それに従いトレーニングして声に出して発話したこと。これで私の英語は生き返ったと確信したのです。それからは一人で楽しく妄想?→発話を繰り返すことで、今ではそこそこ英語が自然と出てくるようになりました。私の選択は間違いではなかったと。
正直このトレーニングを行なって、誰もが必ず英語が話せるようになるかはわかりません。ただ、動画の中で英会話を行う上でのヒントが多く提供されています。これに各々がイヒ?となれば、指数関数的に成長するのだろうな、と思う次第です。私はそれが運良く見つかりました。
今では、家族と一緒に日常生活で使う言葉を英語にして、楽しく過ごしています。こうなるとは思ってもいなかったので、サプライズです。
それにしても、先生たちの応援はすごいです。最初はひきましたから苦笑。でも、今思うと心の支えになっていたなと。
これは余談ですが、子供もちぐさ先生の動画が気に入っています。理由を聞くと、英語も好きなのですが、cuteだと。。。それも重要なことですよね。

生徒さんの成果と感想

プラスワン英語のを受講させて凄く前に半年くらいYouTubeやレッスン動画でほぼ毎日英語の勉強をしていたのですが今思えば文の意味と形を暗記していただけで文の構成も「なんでこうなるの?」と思う所で終わってしまい当然会話として口から出すことはほとんどできませんでした。ちぐさ先生の「暗記禁止、辞書禁止、15分以上の勉強禁止」そして楽しんで英語を学び、完璧に話そうとするのではなく自分の知っている英語を使って細かい事は考えず、伝えてみようとする事という方針に惹かれ受講させて頂きました。基本の二語文、三語文から始まり今まで分からなかった文の構成が「なるほど!」と思える様になり最初は苦労した書かずに自分で考えてみる事も少しずつ出来るようになり、ちょっとずつながら「英語脳ってこの事なのかな?」と思える様になりました。課題を頂き自分で背景やセンテンスを考えて声に出す事など出来るはずもないと思っていた事も本当に少しずつですが出来る様にさせて頂きました事に驚いております。自由に使える時間が少ない仕事なので不安でしたが夜遅くになって送るボイスにも世界各国で時差を利用しての対応に助けて頂きました。レッスンが終わって心に穴が空いた様で寂しいですが、まだまだ会話ができるレベルではありませんので年内はゆっくりと一からレッスン動画を見直して復習し、また次なる挑戦を考えいます!英語を通じて47歳からでももっと頑張りたい!楽しかった!と思わせてくださった、ちぐさ先生、講師の皆様、スタッフの皆様本当にお世話になりました!心より感謝申し上げます!


暗記から脱却し、自分の言いたいことを英語で表現することができるってこういうことですよね。会話できるレベルじゃないってご自身では言っていますが、ここまでできるようになったら、会話できますよ〜。

生徒さんの成果

もともと英語学習されていた方です。もともと知識がある方は整理して楽しくトレーニングすると、上達します。


プラスワン英語法は同じ内容でもレベルに応じた学習法をご提示しているので、どんなレベルの方にも、ご自身のレベルで無理なく学習していただけるから上達できるんですよね。もし、難しくてできないとなれば必ずフォローも入りその生徒さんに合わせた学習法を作りますので、超初心者の方も安心してもらえます。
 
2019年は、地道で地味ですが、コツコツやってきた取り組みが、みんなに伝わってきますように〜。サクラじゃないし、ヤラセじゃないから!笑
 
皆さん、2018年本当にありがとうございました。めっちゃ濃い1年でした。また2019年もよろしくお願いします。
 
 
 
 
 

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト