オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

【プラスワン英語法】英語学習者にオススメ! クリスマスソング特集

こんにちは!コンシェルジュのみさこです。
あっという間に2018年も残り少なくなりましたね。そろそろ来年の目標を考える時期ですが、発音を良くしたい、文法に磨きをかける、語彙を増やすなど
もちろん英語関連の目標
を立てていらっしゃることかと思います。今年、とある生徒さんは何十年ぶりにチャレンジした英検に見事合格されたり、また別の生徒さんは英語力を発揮できる仕事に転職が決まったり、機械操作が苦手なのにzoomアプリをダウンロードし何日もかかってセットアップ、その後無事zoomレッスンを受講されたりと、果敢にチャレンジされて着々と前進されていらっしゃる姿を目の当たりにしました。このまま2019年も英語力をアップさせて、ご自分の目標を達成して欲しいと思います。
さて今回のブログでは英語学習の息抜きに比較的ゆっくり目で聞き取りやすいクリスマスソングをご紹介したいと思います。冬休みなのでたくさんリストアップしますよ〜、じっくり見てくださいね。Hさん、感想&リクエストありがとうございます。
まず一曲目。ジョンレノンのHappy Xmas (War Is Over)

If you want itなど発音塾を受講された方は特にリンキングに気づくかなと思います。
次の曲は、多分みなさんイントロだけちょっと歌えるはず。

髪型に目がしばらく釘付けになります。Last Christmasはこの文脈では「去年のクリスマス」ですね。でもダ・ヴィンチの名画、最後の晩餐は「The Last Supper」なんですよね。「昨日の夕飯」ではないんですよ。これだから語学はおもしろいと思いませんか?
3曲目はこちら。カバー曲です。

著名な歌手が歌を実際に歌っているところに注目してくださいね。歌を歌っているということももちろんあるんですが、みんな口が結構開いていますよね。舌もかなり使っていますよ!
次〜!

この曲は実はクリスマスソングではないのですが、数年前にイギリスで大手デパートのクリスマス商戦のテレビ広告で使われた歌です。ストーリーを追うと野ウサギが熊にクリスマスプレゼントを贈るのがわかりますね。心のこもったプレゼントを買いましょうという広告なんです。このミュージックビデオではその商品(野うさぎがプレゼントしたものです)はカットされていますが、果たして熊に一体何を贈ったのでしょうか?
ちなみにこれはカバー曲なのですが、オリジナルはKeaneというバンドが歌ったものです。

これもボーカルの口の動きを見てくださいね。rely on のところなんかは舌の動きが見えて、Relyの音がはっきり聞こえます。歌詞を聴くとWhy don’t we go と見慣れたフレーズが出てきます。
次もカバー曲ですね。カナダ人の歌手なので、北米アクセントですね。お気づきの方もいらっしゃる方もしれませんが、今までリストアップした曲は全て英国アクセントです。

音をじっくり聴くと画面に出ている1行目と2行目が韻を踏んでいるのが聞こえますか?基本的に歌はポエムなので韻を踏んでいることが多いですよ。数年前に流行った曲はLet it goでしたね。
さて最後の曲です。この夏に公開されたThe Greatest Showman(邦題グレイテストショーマン、なぜか定冠詞が落ちているんですよね。謎)というミュージカル映画のテーマソングです。クリスマスの曲ではないのですが、現在完了、Will、Be going to、関係代名詞、現在進行形、命令形、受動態など文法事項がてんこ盛りなのでプラスワン英語法を終えた生徒さんは見たことのある文の形がたくさん出てきます。歌詞が画面に出てくるので、ぜひ歌を聴きながら目で追ってみてくださいね。

それではみなさん体調には充分に気をつけて、楽しいクリスマス&お正月をお過ごしください!

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト