オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

【プラスワン英語法】東京レッスン、瞬発力+コミュニケーション力+英語力トレーニングのオンパレード

10月8日(月祝)東京レッスンお疲れ様でした!
今までのレッスン気づけば、毎回満席御礼頂いておりましたね。ありがとうございます。
私にとって、生の対面LIVEレッスンは唯一生徒様の状態を確認できる場。
もちろんオンラインでもみておりますが、タイムラグもあるし、実際に見るとアドバイスも変わってきます。そして何より、ちゃんと生徒さん達は成長しているのか?を「生で」見極める必要があります。
カリキュラムの修正をしたり、サポート講師がで生徒さんの力を伸ばすFeedbackができるように考えたり、色々するのが私の仕事になります。
私にとっても、対面生LIVEレッスンは本当に大事な楽しみなレッスンなんです。
今回もその日にマレーシアから帰国した生徒さんも「先生のレッスン出たい!」と来てくださったり、お仕事で忙しい中、課題も止まってるくらい忙しいのに、来てくださったり、もう!嬉しいです。

私のこだわり

実は、私のレッスンは、毎回内容が違うのです。メソッドは同じですが、アプローチの仕方を変えたり、道具を変えたり、方法を変えたり、構成を変えたり。。。
毎回、変えるようにしています。
 
同じものをすると、準備が1つで済むので、講師側は楽なんですが、生徒側はどうでしょう?
実は、1本のレッスンを0から作り上げているので、レッスンプラン、準備で軽く5時間かかるんですよね。
アイデア絞り出すまでに数日かかる事もあります。
 
でもそれでも、せっかく時間を作って、お金をもらっている以上、プロですから前回と同じものを出すわけにはいけません。。「同じじゃん」と思った瞬間生徒さんのワクワクが消えるような気がします。もちろん、前回と今回と自分の成長を比べることがしやすいかもしれませんが、それは、レッスン内容が違っても成長は感じられるので、比べられます。
(ただ、大阪と東京は一緒にしているので、ハシゴの方は勘弁して。ハシゴの人にはレベルあげた課題を与えます。笑)
それに、私も日々進化しているので、反省点も踏まえて変えていかないといいレッスンができません。どれだけ講師歴が長くて引き出しが豊富でも、私はより良いものを追求したい精神が旺盛でして。。。これをマニアというのかもしれません。笑
もちろん今回のレッスンも新バージョンです。

レッスン講師

今回は、スクール講師で行いました。
オンライン講師は優しい位置付け。スクール講師は厳しい位置付けです。
なぜか分かりますか?
日々、キッズ生徒達に難題をぶつけられるスクール先生は必然と逞ましくなるものです。笑
スクール講師が3人で一気に指導に入る事は、今まで1度もないので、私たちも楽しかったです。
私とようこ先生とレイチェル先生の掛け合いはみものですよ!
 

発音矯正、徹底トレーニングレッスン

1チーム7名ほどのグループを作り、そこに1人の先生が付き、細かい発音の指導をしていきました。
1:全員だと細かい指導がしてあげられない。
発音はそれぞれの癖があるから、徹底的にするんだったら少人数が不可欠なので、人数制限を英会話レッスンの半分で制限をかけました。
この2時間は、気づけは休憩しなかったです。笑 誰も休憩どこじゃなくて必死でした。口が痛いのなんの。
しかもみんな子どもか!ってくらい声も大きくしっかり練習してるから、「うるさ〜い!」って大人のレッスンで初めて大声で言いましたわ。笑
このレッスンで、それぞれが自分の苦手分野がハッキリ分かり、練習の方法も分かったと思います。
何より、驚いたのが、めっちゃ発音上手くなってる生徒がたくさんいて、本気で驚きました。上手くなったどころの話じゃなくて、めっちゃ上手いんですけど。。。。というレベル。自分で発音塾作っておいて、すげ〜って思いました。
そして、キッズのサポート講師のリクルートを生徒から考え始めてる私です。学ぶたちから、サポートする立場になる。これもまだ貴重なトレーニングになります。
こういう、英語上達の後の人生の1つの引き出しアイテムがあるというのはキッズ生徒がいて、スクール実績がある弊社の強みだと思います。どんどん利用していきましょう。お互いにとってwinwinな教育です。
弊社で使った費用分、弊社で稼いで下さい。プランですね。笑
苦手なのが、
pl と str と t/d rの音かな。 Rはまだ修正しやすいけど、今回私はどのテーブルでも「tとd」の音指導に苦労しました。今自分の事だと思った人は、1、開く →2、上 → 3、開いたまま弾く。その場でやって練習して下さいね。
あとはイントネーションの無さ!でもあるアドバイスをするだけで劇的に変わるんですよね。これが!
是非、発音矯正トレーニング、受講してみたい大阪の方はお早めに。。
既に生徒さん申し込みが多く、3席しか一般ございません。
申し訳ございません。発音は満席になりました。
 


 
 

4時間英会話レッスン

毎回のお楽しみ、数字の名札。。。をつけさせられる。
これは来た人にしかわからない、楽しいお遊び。うふふ。生徒はドキドキでしょうけどね。
 
4時間レッスンは
ポップアップトレーニングを最大限にしていただきながら、文法の基礎を行い、会話にしていくカリキュラムになっております。 とにかく英語を使うトレーニングをいっぱいして、自宅でできるトレーニング法などもご紹介させて頂きました。
間違うとかそんな事を気にする暇を無くしているので、間違うことへの抵抗感はおそらくこのレッスンで無くなります。生徒さんの集中力を「どう伝えるのか?」を全部持っていくようにします。
レベルがバラバラでも、私のレッスンはテキストを使わないので、問題がないんです。それぞれのレベルでできるので、ご安心を!
出てくる単語は大阪と東京では違うでしょうね。基本的に生徒さんから引き出したものをレッスン題材にするのでそれも楽しみ。
4時間レッスンで何が驚いたって、ずっと英語で喋ってる生徒たちに驚きました。前回に増して永遠に喋り続けるという現象。1分足りとも、シーンってなることはなかったです。
むしろ、子供のレッスンで、話を聞くときなのになんか騒がしい。あれ
が一回あるくらい。私何回、Hello?って叫んでアテンションとったことか!
ある方が、英語カフェより、断然こっちの方が話してるからビックリする。って言うてました。
 
開始15:30スタートで15:35に撮った動画がこちら。
お題は、今日のペアに英語で自己紹介。暗記禁止、辞書禁止、日本語禁止の3原則で行いました。
それにも関わらず、永遠に自己紹介されていました。どんなけ長い自己紹介やねん。動画でドーン!


証拠

基礎をやって、最後は瞬間英会話。瞬間英作文より、最高のトレーニング法です。瞬間英作文は、文字が入るので、書く技能が主に強くなるんですが、この瞬間英会話は、瞬発力、コミュニケーション力、そして以後力が一気に育つので、会話がグンと伸びます。
 




東京では、なぜかレイチェル先生のbeautifulうどん劇とAre you crazy?が印象でした。笑

帰りはうどんを食べてた。。。笑
とにかく、このレッスンはスピード練習でもあるので、ポップアップトレーニングが苦手な方、瞬発力がない方にはオススメ。あとは、プラスワン英語法は復習にもいいし、予習にもいいいと思います。予習だったら、課題が余裕を持ってできるかもしれません。
一般の方で、瞬発力、英語の基礎から学びたい人、英会話をしたい人、まず何から英語トレしたらいいの?という人はぜひ、オススメ
 

プラスワン英語法を受講しようか迷ったら?

実際にプラスワン英語法の生徒の姿を見るのが一番早いです。
レッスン前には必ず、卒業生、シーズン2生、途中の生徒手をあげてもらいますから、ジロジロ見てあげて下さい。笑 オンライン上だと、サクラだとか大袈裟だって言われるから、実際に見てもらうのが一番。そして生徒さんに色々プラスワン英語法の事、聞けばいいんです。生の声が一番信頼してもらえるんじゃないかな。と思います。
 
それくらい、私、自分の育てた生徒には責任と自信あるので。
 

プラスワン英語法生の課題は?

プラスワン英語法にとっても、すごく刺激的な交流になると思います。チームワークって大事ですしモチベーションにも繋がります。チームビルディングや、意見や答えをお互いにシェアしあうこともキッズのレッスンでは大事にします。できる人が手を差し伸べる。それもキッズレッスンでは大事にしています。
基本先生が、手を差し伸べることはしません。できる生徒にとっても指導するのは自分が120%わかってないとできないことだし、知識の整理になります。1ミリたりとも生徒様の成長を奪わないように配慮しておりますのよ。厳しそうに見えて優しいの。
それは全て大人のレッスンでも同じです。大人も子供も関係なく、教育というものはそういうものです。1人でできることは限られます。限界があります。でも仲間がいれば1人の時は8しか出せなかった力が仲間のおかげで10まで引き上げてくれます。人とそうやって関係を持つための道具として英語を習得されているわけですからね。
生LIVEレッスンは生でしか学べないことがたくさん詰まっていますのよ〜

 

大阪レッスンは12月9日、申し込みは↓

発音残り3席 発音は満席になりました、英会話もお早めに!
大阪は東京のように、枠を広げて部屋をチェンジできないので、お早めにお申し込み下さい。

次回の東京レッスンは?

1月13日(日)でございます。予定開けておいてね〜

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト