オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

【プラスワン英語法】辞書なしトレーニング第1弾解答!

まだ、この辞書なしトレーニングをされてない方は先にこちらをご覧くださいね。
YouTubeのコメント欄も非常に面白い解答や納得解答もご意見がありますので、チャンネル登録している方はコメント欄も是非のぞいてみて下さいね。

 
辞書を使わなくても、答えがなくても皆さんここまでたくさん表現ができました。もしかしたら言いたいことが100%言葉では伝えきれないかも知れない。でもそれって日本語でもあって、まして英語を第2言語とするなれば80%伝えられたらいいんじゃないかな?って私は思います。前後の会話であったり、表情やジェスチャーそして、その状況も含めてconversationだと思います。
 
だからプラスワン英語法は「答えがない」手法で、「辞書を禁止」にしているのです。
(決して集客のための胡散臭い文言ではなく、ホントなんです。笑)
 
あとは、これをプラスワン英語法メソッドのポップアップトレーニングで鍛えて行き、瞬発力をつければOK!
時間がかかった方は、自分の弱点がわかり、対処法が分かったし、前向きに取り組め
やってみたらスラスラ出てきた!自分、すごい!!!ちぐさマジック!と成長をご自身で感じた方もいっぱいいました。
YouTubeでもたくさんの方が挑戦してくださり、プラスワン英語法生徒さんも、無料会員さんもこのトレーニング楽しんでくれたようなので、調子に乗って第2弾を考えております。
が、なんせ、今忙しい。。。。
でもでも、みんなが待ってくれてるなら頑張れそうなので、第2弾ご希望の方は、是非YouTubeコメント欄に「第2弾希望!」とコメントください!!そしていいね。もついでにしてね!オラにパワーを〜
生徒さんが求めるもを全力でするのが、私の「喜び」でもあり「やり甲斐」です。笑
 

1)電車通勤

go to work by train
go to my office by train
take train to go to work every day.

2)守秘義務

keep that secret.
You shouldn’t tell it.
You have duty to keep secret.
You must protect secrets.
Mu mouth can’t open for it.

3)予算いくら?

How much money can you pay for it?
How much money in your wallet? (笑)
How much money can you use?

4)商談をする

Let’s have a business meeting.
have a business meeting.
talk about the price between a customer and buyer.
Let’s talk about our business.
Shall we talk about this project?
Let’s talk about work

5)目を疑う

I can’t believe it.
It’s unbelievable.
Kidding me!?
Are you serious?

6)次元が違う

different level
different word
can’t understand you! (笑)
He is in another level.
He is Jesus.(笑)
He is super!

7)英語レッスンを受講する

take an English class
attend an English class
go to English school

8)貯金する

save money
keep money

9)忖度

I try to imagine what he thinks.
I think about him deeply.
I will do what you want without words.

10)背伸び

You should take some steps before you get it.
I think you have to do what you can do. Take it easy!!!
I do it more than my level.
Don’t do too much!
I do too difficult thing for me.
push myself too hard
try too hard
 
いかがでしたでしょうか?本当にいい味出してる。あ〜楽しかった。笑

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト