オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

最速で英語力が身につく小学校

今年度の小学校もついに先週で終わりました。去年の9月中頃から英語力向上のため、Nextepが英語コンサルに入った「小松市の日末小学校」。

小学校での英語ってどんな感じで行ってるの?

日末小学校の先生が、Nextepのグローバル講師養成講座を受講し、Nextepがカリキュラムを作成。先生とタックを組みながら全学年の1年生から6年生の先生が主導で英語を指導するという、初の試みでしたが、順調に子供たちの英語力は伸び続けています。Nextepのグローバル講師養成講座の特徴は英語に自信がなくても、英語指導ができるスキルを身につけられること。私たち英語講師は、月に1回、2回の、各クラス15分しかしません。あとは、学校の担任の先生が英語を指導しています。1年生は、年長の時に英語に触れているので、半年ではありませんが、2年から6年生はまだ半年ちょっとです。この学校の子どもたちはみんな英語に対して、全員がポジティブです。
とにかく英語力をあげる前に英語が「楽しい」「ワクワク」をテーマにしております。
 
 

先生も変わる!

そして驚くことに、先生達も英語に対してポジティブになり、この間は「私もっと英語話したいんです!」なんてお声がけしてくれた先生もいました。担当しているこども園の先生方も、「英語を学びたい!」意欲が高まり、なんと8名もが弊社のプラスワン英語法で学習することになりました。先生の英語苦手意識、英語嫌いを変えるのは本当に一筋縄ではいきませんが、こういう風に、生徒が変われば、先生も変わるという、素晴らしい光景です。こうなれば、もう伸びる一方です。きっと小学校2年生で楽勝英検5級合格するレベルになる。(笑)
小学校英語
小学校英語
 

地域も変わる!

ここまで子どもたちの英語力が見えれば、地域も動き出します。学校現場は正直、「予算」という壁がものすごく大きく、どれだけいいと思っていてもこの壁をクリアしないといけないのです。それはこの日末小学校も、通常の公立小学校なので同じ状況。保護者負担0円というのが条件になる公立小学校。さて、ど~なるかと思いましたが、地域の方々、こども園の園長先生、校長先生、教頭先生、そして先生方の情熱が、みんなが手を取り合い、子どもたちを応援する傾向になりました。これはホントに、日本初じゃないかと思います。
 

私の思い

英会話スクールでは限度があります。そして英語学習において上手くいきにくい点が多々あります。例えば、
月謝。
小学校は家庭負担0円。なのでどんな子でも平等に英語を学習できる
送迎。
送迎が不可なので、共働きなど関係なく学校で英語学習ができる
宿題。
英会話スクールは宿題があります。時には親が見ないといけません。が学校は宿題がなく、先生が基本子どもたちをサポートするので、親子喧嘩が起こらない。スクールは親が感情をいれてしまい、うまく気持ちが整わない事もあります。
時間数
英会話スクールは週に1回2回。の1時間程度。小学校では週に3回15分、英語の時間を取っています。
講師
英会話スクールは生徒の管理、指導全て1人でみないといけないですが、学校は管理は学校の担任、英語の指導に関してはプロである私たちがカリキュラムなどを組み立て確認できます。学校担任は、毎日子どもたちに触れており、子どもたちの事を熟知しています。お互いに、お互いの仕事を100%発揮できるので200%の力が子どもたちには降り注がれます。
人数
英会話スクールは講師の人数により限度があります。しかし小学校は講師の数が揃っているので大人数を指導することができます。
 
このような事もあり、私は小学校英語がこの日末小学校みたいに変わればいいのにな~と企んでおります。二ヒヒ。この小学校には、英語ができる先生は誰1人いません。しかし先生のスキルがあれば、こうしてNextepとタックを組むことでできました。1つの力では無理な事も2つの力3つの力でパワーアップするもんです。こういう小学校が増えることを願っております。

 

グローバル講師養成講座の受講興味あります!

5月12.13.14日に東京で弾丸講師養成を行います!こういう子達を世の中に増やしたい!という方には是非参加して欲しいです。場所はまだ決まっておりませんが、東京都内。フォーム登録者には詳しいことが決まったらご連絡します。
東京には行けないけど、大阪やオンライン受講があったら参加したい!という方も是非こちらのフォームよりご登録ください。まだ決まっていませんが、希望が多ければ動こうと思いますので、詳細などお知らせもできます。
グローバル講師養成講座興味あります!!登録フォーム
 
 
 
 

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト