オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

外国人はなぜ第2言語が話せる人が多いのか?

さて、結局こんな時間になってしまいました。お待たせしてしまい申し訳ないです。
静かにお待ちいただきありがとうございます。(笑)
 
質問の多い、「外国人は第2言語がなぜ話せる人が多いのか?」について外国人の友達と話をしました。
大抵、スペイン語やフランス語など多少第2言語を話せる外国人が多いのは事実。
重森ちぐさ
 

いつから第2言語を学習したの?

彼女は高校からスペイン語を学んだ。といっていました。もっと小さい時から学んでるかと思いきや意外。結構、いろんな外国人が日本語も大学で専攻していた。とか聞くので、案外遅いのかも。そしてなんと週に1回とかだったらしいです。アジア圏は英語学習は早い気がします。台湾で育った弊社のオンライン講師の子は、幼稚園から毎日英語は入っていたそうです。
この話からも、時期ももちろん関係するかもしれないけど、時期よりも学び方が問題ですね。
 

How to? どうやって学習している?

日本の英語教育は、読む書くがまだまだ中心です。しかし海外の第2言語学習は、使う練習を多くするそうです。例えば、ロールプレイを友達としたり。もっと頭で理解するより体得です。
あとは、質問や発言をすると、それが加点されるそうです。もちろんテストもあるけど、スピーキングテストもあるし、そういった授業中での質問や発言が加点になり、テストだけで判断されることがない。
ココが徹底的に違う気がします。
正解を求めるのではなく、考えて自分で表現する。方が断然に多いようです。
意見や考えが加点される。これは他の外国人の方も言ってました。
先生が黒板に書いたことをそのまま写す作業だけじゃなく、自分で考えてまとめる力をつける方がいい気がする。
やはり「答えがある」というのが大きな壁。答えがあるから暗記しようとする。答えがあるから、正解を求めたがる。これが日本の英語教育の問題だと思いました。
 

なぜ答えがあるの?

これは私の考えになります。
日本は1つの文化の中でみんな生活していますが、海外は多国籍がほとんどです。そうなると、いろんな文化や宗教が入り混じるので、何が正しくて、何が間違いなのか?なんて分からないです。価値観も違うし、自分にとっての当たり前が、人にとっては当たり前じゃない事が多い。
だから答えがない。
しかし、日本は1つの文化で共存してるので「みんな一緒」が安心する文化です。人と違う事が不安になる。
だから答えが(1つ)安心する。
もう1つは答えがあると、先生が楽。という事も考えられます。公平になる。という事も考えられます。
これも一個人の意見ですが、
答えがあると先生も考えることなく、作業になります。生徒も考えず暗記する。先生も考えず答えに従い〇付けをする。
言語学習において、これってどうなの?
もちろん、部分的には合っていいと思うけど、言語学習のすべてがこれではマズいですよね。いくら公平になるって言っても、こんな公平はいらないかと。
コミュニケーションが苦手な子が最近多いですけど、考える事をしなくなった子がホントに多い気がします。弊社のスクールは、必ず自分で考えさせるようにしています。
例えば、忘れ物をしても、「先生、テキスト忘れました。」という報告はやめてくれ。と子どもたちには伝えていて、そんな報告されても、先生が困るので、「テキスト忘れたからどうするのか?」までを伝えるように指導しています。
 
言語学習においては、もっともっと考えて自分で表現する力を養うべきだと私は思っています。なので、弊社のスクール、スカイプのオンラインスクール、プラスワン英語法も全て答えをなくしている過酷なプログラムがNextepスタイルです。(笑)
 

まとめ

① 知識学習も大事だけれど、それ以上に体得する言語トレーニングが必要である。
② 答えがある学習ばかりしない。自分で表現する学習をする。
方法は、独り言でトレーニングする。日記を書く。
たったこの2つをするだけでだいぶ変わると思います。英語を学習している方是非試してみてください。
さらに上を目指したい方は、英語コンシェルジュを付けてください。自分の表現に対してフィードバックをくれる人を付けると自分に合わせて学びが増えてくるのでおススメです。独学よりもプロに短期間でも学んだ方が学習効率は良く早いです。

英語表現が楽しめて学習できるサイト

Lang8 
おすすめ度 ★☆☆
メリットは無料
デメリットは世界中の誰でもが添削できるので、講師ではない方が添削をするので自分のレベルに合った添削ができない可能性が高い。解説がないので、英語上達ポイントには欠ける。
個人的な意見は、ネタもなく自分でゼロから表現しないといけないという事もあり、レベルを上げるためではなく、英語基礎が整って英語がある程度自由に使えるようになった時に、レベルキープの為に使うには最適なのかなと思いました。
 
アイディ
おすすめ度 ★★☆
メリットは解説付き添削が選べる。値段は1回500円程度でした。プランだと15,000円いかない程度。講師も選べるようです。
デメリットは自分のレベルに合った添削ができない可能性が高い。(例えば過去形しか知らないのに、過去完了で返ってくるとレベルが高すぎて上達ポイントが欠ける)
個人的な意見は、解説例も見ましたが、私個人の意見としては解説が難しい気がしました。ただ、いろんなプランがあるので、自分にあったものがあれば、英語学習者には楽しいかもしれません。
 
プラスワン英語法 ★★★(笑)
メリットは、英語上達へ計算された知識学習と体得するトレーニング学習がカリキュラムが組まれている。毎日課題があり、レベル表があるので自分のレベルに合わせて英語表現をすることができる。プロ講師が、生徒さんのレベルに合わせたフィードバックするので上達が早い。またその他にも、学習の相談質問ができるカウンセラー付き、困ったときに英語の質問も受け付けられる英語コンシェルジュ付き。
デメリットは、1人1人を大切にサポートしたいので、受講人数制限をかける。なるべく頑張ってはいますが、事務的なものにはしたくないのでご理解を~
個人的な意見としては、覚悟が必要にはなりますが、楽しく初めての英語学習ができますので、英語学習を続けて結果が出ない、挫折した。というには是非挑戦して欲しいと思います。

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト