オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

「挑戦する」はchallengeではない!

日本人にありがちな勘違いシリーズ!

よく新しいこと、難しいことに挑戦する意味合いでの「チャレンジ」をそのまま英語でも動詞として”challenge 〜”と使っている方が多いですが、実はこれはちょっと伝わりにくいんです。

英語での”challenge”(動詞)は「挑む」や「挑戦する」、または「誰かをチャレンジに誘う・挑戦状を叩きつける・挑発する」のようなニュアンスになります。

基本的にchallengeの時は人に対して、挑戦を挑む感じです。

人以外のものが入ると擬人化したような文に聞こえます。

文も基本的には「人+challenge+人」になります。

I challenge you to a game of chess.

私とチェスで勝負をしよう。

He challenged her to eat a very spicy chilly.

彼は彼女にとても辛いチリを食べるよう挑発しました。

I challenged him to prove me wrong.

私は彼に「私が間違っていることを証明してみなさい」と言いました。

では「挑戦する」は英語でどのように表現するのか?

  1. try
  2. give 〜 a go
  3. take on challenge

この3つで表現することができます。

この3つを使った例文や詳細は動画をみてね。

ボタンをクリックするとそれぞれ登録できるよ!

チャンネル登録してね。
メルマガ登録してね
月〜金朝から毎日英語学習した人は登録してね

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト