オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

【プラスワン英語法】先生達の英語習得までの道のり~Akie先生編~

当社の講師はEvan先生を除いて全員日本人

それには訳があって、やっぱり同じ日本人だから英語学習の苦労を知っているという事。そしても生徒さんの目標になるという事。また、日本人はやはり、人への気遣いやケアが非常に丁寧で、生徒さんの不安が和らぐ。
 
そんないつもお世話になっている先生方の紹介を今日から少しずつしていきたいと思います。
まずはLINE担当、講師陣からご紹介。プラスワン英語法モニターでもお世話になっていますし、これからもお世話になります。ウチの生徒たちのスピーチコンテストのあの賞の数々は、このLINE講師がいたからです。LINEの講師陣は全員発音がぴか一。適切なアドバイスが本当に素晴らしい。
 

先生ご紹介

Akie 先生
年齢:アラサー
メキシコ在住 5 年目。メキシコ人妻歴 2 年 。旦那はオタク 。
 
★Akie先生のフィードバックの「甘いです!」が私はお気に入り。愛情の中に見える厳しさ。素敵です。でも通常は私の「〇〇〇(←下品すぎて言えないのでご想像にお任せ(笑))トーク」に乗ってくれるユーモア満載の先生(笑)旦那さんすごいオタクなんですよ!以前LINE@の音声機能が使えな~いってなったとき調べてくれたりものすごい詳しいんです。

英語を学習するきっかけ

父親の海外赴任でシンガポールに 8 年過ごし、いわゆる「帰国子女」になったにもかかわら ず、日本の中学英語で赤っ恥な点を取り、一から英文法を勉強し始める 。
 
★はい、ここ注目↑。 英語が話せても中学の英語のテストは悪い。なぜか?それは決まった答えしか許されないからなんですよ。つまり学校の英語のテストは英会話力ではなく、「英語力」と「暗記力」がメインになります。

英語を学習し苦労したこと

学校英語と日常生活の英語は全くちがうこと。
★ね?本当にそうなの。私も今テスト受けたら…英語嫌いになる。(笑)
 
アメリカアクセントが主流の日本の英語教育の場でアメリカンアクセントを学ぶこと。
★シンガポールで育ったAkie先生にとってはそうかも!シンガポールはシングリッシュって言って独特な英語。日本語英語はジングリッシュとかジャパングリッシュっていうよ。

英語を話せて得したこと

どこの国にに行っても今の時代英語は最低限通じる。 英語を第二言語として自分の脳みそに叩き込むと、第三、第四言語は入りやすい。
★Akie先生はそ~いえば、何か国語も話せるんですよ。日本語、英語、そしてスペイン語に…なんか現地の言葉。(適当(笑))私も第3か国語習得したいな~いつか。次はスペイン語を学びたい!
 
以上Akie先生自己紹介でした!

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト