オンライン英会話なら

Nextep

英会話を、もっと身近に。

ブログとお知らせ

2020年の自分の学びを振り返る

Hello, everyone!

Nextep生のみなさん、こんにちは!

講師のkimikoです

 

前回のブログ「12月は質問英語力を磨く強化月間です」は

いかがでしたか?

 

SkypeやZoom レッスンでお会いする生徒さんが

「12月は質問力アップですものね^^」と

しっかりと 目標を意識して

日々 レッスンに臨まれている姿を多く目にして

感動いたしました!!

 

「質問をすること」は「相手を知ろうとすること」

来年も 英語力+コミュニケーション力も伸ばす練習を

一緒に コツコツ継続して 積み重ねてまいりましょう!

 

さて、今日のお題は

早くも年末ということで

「2020年の自分の学びを振り返る」というお話です

 

今年、あなたの英語の学びにおいて「良かった点」は何ですか?

どうでしょう? パっと答えられましたか?

みなさん、それぞれ時間をやりくりして

プラスワンや zoom グループレッスン、Skypeマンツーマンレッスンと

今年も たくさんチャレンジされたと思いますが

「良かった点は何か?」もう一度、ここで考えてみましょう

できれば書き出してみることをオススメします

去年の12月のご自身を思い出して 比べてみてもいいですね

「がんばった」とかではなく

できるだけ具体的に 「何をどうしたことが良かったのか」と

ご自身の行動について まずは肯定してみましょう

 

今年、あなたの英語の学びにおいて「足りなかった点」は何ですか?

こちらの方が パッと思い浮かぶ方

それもた~くさん思い浮かぶ方は

自分に厳しい方かもしれませんね

書き出す前に お伝えしておきますが

ここは なるべく少な目に書いてください(^^;

ここに意識を集めすぎると

「できなかった自分」が 意識の中で拡大してしまいます

冷静に でも 厳しすぎないように

具体的に何か 1つ2つ 書き出してみましょう

 

来年の12月の、あなたについて書いてみましょう

これは英語の学びに限らず

あらゆることで効果的とされている手法ですが

先に、2021年の12月のつもりで

その時の自分を イメージして書きます

ですから 語尾は「こうなりました」というような書き方になります

あまり欲張りすぎて偉大な感じで書いてしまうと

叶えるのも大変になってしまい

「できなかったリスト」に そのままスライドしてしまいますので注意してください

 

「私は、1年を通してコツコツ英語の独り言トレーニングを続けて

今はもう自然に言えています」といったように

具体的に かつ 現実的に叶えられそうなことからまずは書きましょう

 

思い浮かぶ方は、いくつ書いても いいと思います

 

いつでも 確認

上記の「良かった点」「足りなかった点」「来年の12月の自分像」を

書き出したら いつも使っている手帳などに貼りましょう

私はこれをだいたい12月中にやるのですが

「翌年の手帳」に書くようにしています

いつでも見返すことができますし

例えば半年たったころに、見直しをして修正をかけることができます

 

アップデートし続けるためのコツ

では 次に

その設定した「来年12月の自分像」に近づくために

2021年を通して 常にアップデートし続けていくための

コツを 2つ ご紹介します

 

1.「現状維持バイアス」を知る

「現状維持バイアス」という言葉を 聞いたことがありますか?

脳は 「現状維持」を好むという 心理学の言葉です

変わりたい気持ちはあっても

なかなか 新しいことにチャレンジするのは大変・・・

と言う方は この「現状維持バイアス」が強いのかもしれません

脳は「変わらないこと」=「快適・快感」と捉えます

「元に戻るチカラが強い」とも言えます

ですので 変わろうと思ったのなら

この「現状維持バイアス」の機能を 突破していかなくてはいけません

書き出して 目で確認し 機会あるたびに、再確認をするなどして

脳が元に戻ろうとする力に 打ち勝っていきましょう

 

2.言葉のチカラで脳をだます

1の「現状維持バイアス」を突破するには

頭の中で 考えて思い描いているだけでは 弱いため

文章にして 文字であえて 書きだすということが必要です

そして その書いた文字を

何度も目にして さらに 実際に口に出して言うことで

脳が いい意味で「勘違い」してくれます

「12月の私は、プラスワンを終えてzoomにもチャレンジしている」

「12月の私は、先生たちの英語が8割以上理解できている」

「12月の私は、現在完了もマスターして会話の中でも使えている」

そうやって 書いたセリフを口に出して言っていきましょう

脳が「あ、そうなんだ」と思って 働き始めますので

もはや 「現状維持バイアス」の元に戻る位置さえも

脳は 忘れてしまうことでしょう

 

3.自分を記録していく

先週末、私がしたことは

今年(2020年)の手帳を1月から見返して

それぞれの日々で どんなことがあったのか?を再確認し

自分が どう変化していったかを 書き出すということです

 

ざっくり「今年を振り返る」と 見落とす出来事も

手帳を見返すことで もう一度記憶が新たによみがえり

「そうか、ここの2月は、随分と、もがいていたよな(^^;」とか

「5月下旬くらいから、○○を習慣にしたことで変わったな~」など

1年の自分の変化を 改めて確認することができました

 

この確認作業、この年末にできたことは

翌年の目標を考えるこの時期には ピッタリです

しかし、もし手帳に何も記録がなかったら

できなかったことでした

 

みなさんで言えば

・どんな勉強/練習をしたか

・学べた点は?

・気持ちは? など メモ程度でいいので

日々 書き留めていくことをオススメします

 

ちょこっとメモでも 1年たまると結構な量になります

半年くらいのところで見直して

軌道修正する時にも使えますし

12月頃には「どんなふうに 自分が変わっていったか?」が

手に取るように分かるので おもしろいです

 

まとめ

  • 12月は大事な「ジブン総決算」月間
  • 1年の計は「前年の12月」にあり
  • 日々の自分をしっかり記録→成長確認・軌道修正→次の目標設定
  • お気に入りの手帳を用意しましょうね
  • 私はた~くさん書きこめる「ほぼ日手帳」です^^
  • 現状維持バイアスなんて軽々と飛び越えちゃいましょう~

 

いかがでしたか?

私にとってこのブログを始めたことは

2020年のトップ3に入る 出来事となりました

みなさんに読んでいただき 本当に感謝です

 

どうぞよいお年をお迎えください

2021年も

みなさんの元気な笑顔と素晴らしいチャンレジに

たくさんお会いできることを楽しみにしております

 

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

Have a great new year !!

Thank you 🙂

 

Kimiko先生

静岡県出身、東京都在住。公立中学校教諭として12年、非常勤講師として私立中に7年勤務後、現在はNextepの他に、自衛隊駐屯地内にある英語学校で講師をしています。大人になって「英語」を学ぶことは、同時に新しい自分の発見や自己実現にも直結します。レッスンでは、楽しみながら自然と英語を使う場面設定を心がけています。レッスンでお会いできるのを楽しみにしています!

趣味:音楽(ボサノバ、ロック)、坐禅、ハイキング

Kimiko先生のレッスンを受講したい!という方は、Nextepマンツーマン英会話で受講できます。

 

Nextepを
もっと詳しく
知りたい方は

公式facebook
公式YouTube
公メールマガジン
公式サイト